方違神社

子供も大きくなり、夫は単身赴任で週末に家族全員揃う事が少なくなりましたが、
今日は前から予定していたので4人でお出かけ。

遊びに行くわけでもなく、目的地はコチラ。

e0116897_18534834.jpg



方位をきちんと調べて悪かったりしたわけではないのだけれど、
というか、調べれば調べただけ縛りが多くなるのが嫌で
敢えて見て見ぬフリをしていました。

台所の火の位置もトイレの位置もちょっと際どい場所にあり、
当初それをなんとか避けようと努力していたりもしたのだけれど、
設計を提案してもらった数社が全て
(一応こちらの意図は伝えてあったのにも関わらず)
同じ位置に台所とトイレを持ってきたので、
こちらが合理性に適っているのだろうという事で諦めました。

で、へーベルの設計士さんが紹介して下さったのがココでした。
本来は移転の方角が悪いときに災い除けをしてくれる所なのだけれど
それを応用して全ての方位の災いから逃れられるという信仰から
全ての方災をチャラにする、結局マルチカードって感じかなぁ
・・・罰当たりな事言ってスミマセン。

然程大きくもない神社ですが、全国から参拝者が絶えないそうです。
そんなにいっぱい来られたら、神様も手が回らないんじゃないかな。

それでもやはり気のモノですから、家族でやって参りました。
祈祷を受けて御札と清めの砂をいただきました。

地鎮祭は地元の神社の神主さんをお呼びします。
玉串料35000円だそうです。
夫が帰省しているときにしなければならないので雨天決行です。
ヘーベルさんに依頼してテントを手配してもらいます。
椅子等込みで15000円。

今頂いた御札や御砂の出番はいつ?

聞くは一時の恥ですから、神社の受付で尋ねると
地鎮祭の後で工務店にお任せすればよいとの事。

ヘーベルさんは自分で撒けばいいっておっしゃってました。
御札は天井裏に上げて下さるとか。

末永くよろしくお願い申し上げます。

ドライブ終わり。

娘は実家でジャガイモ掘り、息子は少林寺の全国錬成大会に向けての練習、
夫と私は外構の打ち合わせにと別れました。
by petit_canard | 2009-06-13 22:00 |
擁壁着工 >>