擁壁着工

先週土曜日から放置され、解体が予定より早く終わったとはいえ、
納期も当初の予定よりかなり遅くなってしまったんだから、
早く擁壁に取り掛かってほしいなぁと思っていると、
なんでも私の「既存家屋の基礎がめっちゃしっかり入ってたらしいです。」発言を受け、
スウェーデン式地盤調査を新たに4点ばかり行っていたらしい。
結果次第では地盤改良等計画が変わってくるかもしれなかったようです。

結論から言うと、大丈夫でしたと言うことで。
既設の基礎も解体業者に確認し、「普通の基礎でした」とか。

お騒がせしました。<(_ _)>

と言うわけで、無事に工事再開です。

e0116897_1242057.jpg


美しいスロープを崩し、土に改良材を混ぜつつ岩盤の上まで掘って、
L字型に擁壁の基礎(Lの底辺)を埋め込み、擁壁(Lの縦辺)を作ります。

夕方近所の友達に尋ねられる。
「あれ、何?」

e0116897_1275782.jpg


ん?何だっけ?スロープを取り崩したところからコンクリートの円筒が姿を現していた。

あの辺りには確かトイレがあった筈。

そういえば・・・


(回想)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘーベル「ところで、便槽は残っていませんか?」
私    「べんそう?」
ヘーベル「トイレを水洗に変えるときに、元の便槽が撤去されないケースがあるんですよ。」
私    「なるほど。便槽ね。それはわかりません。母に聞いてみます。」

両親   「?覚えていません?」

ヘーベル「わかりました。出てきたら撤去するという事で。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれだ!

私「あれはね。トイレ!」
近「へえーーーっ」

便槽って丸いんだぁ。。。
時代を感じるなぁ。。。

勘違いに気付くのはまた別のお話。
by petit_canard | 2009-06-12 22:00 |
<< 方違神社 すべり願望 >>