<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

方違神社

子供も大きくなり、夫は単身赴任で週末に家族全員揃う事が少なくなりましたが、
今日は前から予定していたので4人でお出かけ。

遊びに行くわけでもなく、目的地はコチラ。

e0116897_18534834.jpg



方位をきちんと調べて悪かったりしたわけではないのだけれど、
というか、調べれば調べただけ縛りが多くなるのが嫌で
敢えて見て見ぬフリをしていました。

台所の火の位置もトイレの位置もちょっと際どい場所にあり、
当初それをなんとか避けようと努力していたりもしたのだけれど、
設計を提案してもらった数社が全て
(一応こちらの意図は伝えてあったのにも関わらず)
同じ位置に台所とトイレを持ってきたので、
こちらが合理性に適っているのだろうという事で諦めました。

で、へーベルの設計士さんが紹介して下さったのがココでした。
本来は移転の方角が悪いときに災い除けをしてくれる所なのだけれど
それを応用して全ての方位の災いから逃れられるという信仰から
全ての方災をチャラにする、結局マルチカードって感じかなぁ
・・・罰当たりな事言ってスミマセン。

然程大きくもない神社ですが、全国から参拝者が絶えないそうです。
そんなにいっぱい来られたら、神様も手が回らないんじゃないかな。

それでもやはり気のモノですから、家族でやって参りました。
祈祷を受けて御札と清めの砂をいただきました。

地鎮祭は地元の神社の神主さんをお呼びします。
玉串料35000円だそうです。
夫が帰省しているときにしなければならないので雨天決行です。
ヘーベルさんに依頼してテントを手配してもらいます。
椅子等込みで15000円。

今頂いた御札や御砂の出番はいつ?

聞くは一時の恥ですから、神社の受付で尋ねると
地鎮祭の後で工務店にお任せすればよいとの事。

ヘーベルさんは自分で撒けばいいっておっしゃってました。
御札は天井裏に上げて下さるとか。

末永くよろしくお願い申し上げます。

ドライブ終わり。

娘は実家でジャガイモ掘り、息子は少林寺の全国錬成大会に向けての練習、
夫と私は外構の打ち合わせにと別れました。
[PR]
by petit_canard | 2009-06-13 22:00 |

擁壁着工

先週土曜日から放置され、解体が予定より早く終わったとはいえ、
納期も当初の予定よりかなり遅くなってしまったんだから、
早く擁壁に取り掛かってほしいなぁと思っていると、
なんでも私の「既存家屋の基礎がめっちゃしっかり入ってたらしいです。」発言を受け、
スウェーデン式地盤調査を新たに4点ばかり行っていたらしい。
結果次第では地盤改良等計画が変わってくるかもしれなかったようです。

結論から言うと、大丈夫でしたと言うことで。
既設の基礎も解体業者に確認し、「普通の基礎でした」とか。

お騒がせしました。<(_ _)>

と言うわけで、無事に工事再開です。

e0116897_1242057.jpg


美しいスロープを崩し、土に改良材を混ぜつつ岩盤の上まで掘って、
L字型に擁壁の基礎(Lの底辺)を埋め込み、擁壁(Lの縦辺)を作ります。

夕方近所の友達に尋ねられる。
「あれ、何?」

e0116897_1275782.jpg


ん?何だっけ?スロープを取り崩したところからコンクリートの円筒が姿を現していた。

あの辺りには確かトイレがあった筈。

そういえば・・・


(回想)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘーベル「ところで、便槽は残っていませんか?」
私    「べんそう?」
ヘーベル「トイレを水洗に変えるときに、元の便槽が撤去されないケースがあるんですよ。」
私    「なるほど。便槽ね。それはわかりません。母に聞いてみます。」

両親   「?覚えていません?」

ヘーベル「わかりました。出てきたら撤去するという事で。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれだ!

私「あれはね。トイレ!」
近「へえーーーっ」

便槽って丸いんだぁ。。。
時代を感じるなぁ。。。

勘違いに気付くのはまた別のお話。
[PR]
by petit_canard | 2009-06-12 22:00 |

すべり願望

e0116897_111092.jpg
解体が完了し、あっという間に整地されていました。

重機は明日引き取りに来るそうな。

前の家の基礎が何カ所も根深く入っていたらしく、
仕事中に母が俄然息巻いてやってくる。「ちょっと、大丈夫なの!?」

母はここに建っていた家が建設時に立ち会ったらしく、
元の家の丈夫さを殊更強調するリフォーム推進派だったのだ。

図面通りに基礎が入っていなかったりとか、
階段の途中、頭がつかえそうな所でいきなり鉄骨が焼き切られていたりとか
そういったずさんなところはまぁいいらしくて、
とにかくこれだけ丈夫な家は今は立てられないからと
最後まで(今も?)リフォームしたがっていた。

で、新しい家の基礎はちゃんとしているのか、
この立派な基礎を見てもらうべきだと言う。

うんそうだね。写真を撮って見せておくね。と応えておく。



つっといて、見せない~♪
(by マイナスターズ)


いや一応電話で伝えました。
「わかりました」と営業さん。

スミマセンです。



整地後の見事なスロープに近所の子達が興味を惹かれてる。
駄目よ。重機が落っこちてくるからね、と脅しを入れておく。

てか、突発性局地的豪雨でも降ってホントに落ちてきたらどうするんだろう。。。
[PR]
by petit_canard | 2009-06-01 22:00 |